留守番のしつけ

犬を飼うには飼い主が外出をしていても留守番ができるようにしつけをしておく必要があります。

留守番をさせるにはまずケージの中でおとなしくしていられるかどうかがキーポイントとなります。


そのために、ケージの中にいるのが犬にとって居心地がいい場所にしておくことが大事です。
どうすれば犬にとって居心地がよい場所になるのでしょうか?
ケージの中で食事をしたり、好きなおもちゃを入れておいたり、毛布を入れて置いたりするのもいいですね。


犬に留守番のしつけをするときには、留守番をしていれば家に人が帰ってくるということを教えてあげるのがいいでしょう。
そのためには、徐々に留守番をする時間を長くしていき、帰ってきたら「いい子で留守番してたね」とたっぷりと犬を褒めてあげましょう。

留守番をさせるとき、出かける際にはいつもと同じように家を出ることも大切です。いつもと違った行動をとると、犬は逆に不安になることもあるので、いつもと同じように外出しましょう。

また、犬に「ダメ」というしつけをするときはいつもと同じような声のトーンで、同じ言葉で言うようにしましょう。
その都度違う言葉やトーンで言っていては犬の方は混乱してしまって言うことを聞かなくなります。

またダメということをしつけるときには、決して体罰は与えないことです。
そしてダメということが上手にできたらきちんと褒めてあげることがしつけのポイントです。

ダメというしつけの中には、トイレの失敗のようにダメといってはいけない行動もありますので、状況に応じたダメのしつけをしていくようにしましょう。

食事のしつけ:基本

犬は群れの中で生活してきた動物ですから、自分の周りの環境をランク付けしています。

その中で、自分がどのポジションにいるかを確認して順位付けをしています。

そのため、犬のしつけの中でも、食事には特に気を使必要があります。

食事は生きるうえで大切なことなので、食事を与えてくれる人が犬にとってはリーダーであるという認識をさせるいい機会なんです。

食事のしつけ

まずは、「おあずけ」から始めます。
犬の前に食事を置き、「マテ」と命令し、すぐ食べようとするのを制止することによって教えていきます。
待つ時間は数秒でいいです。待てたら「ヨシ」といって食べさせます。

次に、拾い食いをさせないしつけをします。
拾い食いは大変危険ですので、拾い食いをしない習慣をつけなければいけません。散歩中の拾い食いは特に危険です。

これは食器からこぼれた物は食べさせずに、片付けてしまう事によって教えていきます。

食事中に食器に手を出すと、うなったり、噛み付こうとする犬がいます。
これは、食事を食器に少しずつ手で与え、飼主=リーダーという事を教えます。子犬のうちに食器を使わないで、全ての食事を手で与えるとうまくいきます。

犬の口臭

犬を飼っている方の多くはニオイに悩んでいるのではないでしょうか。

犬の口臭の原因は大きく分けて2つに分けられます。
一つは食べ物が歯の隙間や舌、食道などに吸着し、これが時間の経過と共に、出てくる臭いです。

もう1つは腸管から血液に吸収された腐敗臭(メチルメルカプタン)が肺の呼気として出てくる臭いです。

口内と腸内の臭いが複合することによって、犬の口臭は起きてくるのです。

また、歯垢を放置しておくと、まず歯肉が炎症を起こし(歯肉炎)、徐々に歯を支える他の組織も冒され、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
歯石予防や歯周病予防のためにの歯磨きをしてあげたりしてるといいですね。続きはこちら

噛みつき癖

犬の困った癖に「噛みつき癖」があります。
噛まれるとほんとに痛いですし、小さなお子さんがいると危ないですよね。

子犬は兄弟犬や母犬との遊びや喧嘩の中で、噛み方の力加減を身につけます。

強く噛みすぎると、大声で鳴き叫ばれたり、遊んでもらえなかったり、逆に仕返しされたりという具合に、経験の中から噛み方の加減を学んでいくのです。

人間と一緒に暮らす家族として入ってきた犬は、飼い主である私達人間が噛み方の力加減を教えてあげる必要があるのです。

2〜3ヶ月の子犬には、噛んではいけないという事を教えるのではなく、人間の皮膚は犬よりも柔らかいから噛むのもこの力までという事を教えなければいけません。

ですから、わざと子犬をかまって遊んで噛ませます。そこで「痛い!」とはっきりと噛むと痛いんだということを認識させます。
いつものしつけのように、出来たら思いっきり褒めてあげましょう!

これの繰り返しで噛み付くと相手は痛がり、飼い主に褒めてもらえるにはどうすればよいのかを覚えていきます。

また、子犬の頃は歯の生え変わる時期でもあり、歯がむず痒い場合もあるので、噛むおもちゃなどを与えるのもよいでしょう。



犬がウンチを食べてしまう

犬がウンチを食べてしまうという困ってしまう行動がみられることがあります。

犬がウンチを食べてしまう食糞行動にはいくつか理由があるようです。
暇つぶしでうんちで遊んで食べてしまう、食事が足りない、本来してはいけない場所でしてしまい隠すために食べてしまう、等があります。

ただ食糞自体は問題ありませんが飼い主としてはやめて欲しいものです。


食糞行動を止めさせるしつけ方

☆たくさん遊んであげるなどをして、精神的なストレスを減らしてあげる
☆ウンチをしたらすぐに処理をする
☆食糞行動をしたら、その場でこれはいけないことだと教える
☆出来たら心を込めてほめてあげる

ストレスが原因で行動を起こすこともあるので、無理に止めさせるのは逆効果になりますので気をつけてください。

権勢症候群(けんせいしょうこうぐん)

犬の困った行動の一つに、飼犬が家の中で自分が一番えらい(アルファ)と思ってしまい、飼主の言うことを聞かなかったり、飼主をかんだりすることがあります。

これを権勢症候群(けんせいしょうこうぐん)、アルファ・シンドローム、アルファ症候群といいます。

家庭の中でも、きちんとリーダーの存在がないと、犬は自分がリーダーだと思い、人のいうことを聞かなくなります。



続きはこちら

犬のしつけ方〜困った癖

犬の困った癖のしつけ方についてです。

犬の性格にもよりますが、いろんな癖があり、困った癖は何としてもなおさないといけません。

☆穴を掘る:穴を掘っているその場面であれば、その場で「いけない」と叱ります。それが一番効果的です。
掘った後で穴を見つけたときには、穴のところまで連れて行き、穴を見せて「いけない」と叱ります。

☆家具をかじる:犬にとっては家具をかじることは悪いことだと思っていないのです。むしろ楽しいことだと思っています。
これをいけないことなのだと教えるためにしつけます。

生後4〜5ヶ月ぐらいまでの犬なら、家具をかじっている最中に、そっと近づき「いけない」と言うのと同時に軽く打ちます。これは家具をかじられたら嫌だということを犬に教えるためです。

生後7ヶ月ぐらいからの犬には、かじった後でもその場所に連れて行って、犬の鼻をかじられた部分に押し付けて「いけない」と教えます。
何度も根気強く教えていきます。

☆おもちゃを噛んで離さない:「ダセ」と指示をして犬に素直におもちゃを出させます。「ダセ」とやみくもに連発しても聞いてはくれません。ほめた瞬間に犬は理解しますので、最初は遊ぶように、おもちゃを投げるなどして遊びから始めます。持ってきたらほめてあげましょうね。

犬のしつけ〜トイレ

犬のトイレのしつけ方です

トイレのしつけを始めるのは、生後2ヶ月目くらいがいいでしょう。

トイレのしつけをするには、まずケージの中にトイレ用のシートを置いて、起きたときや食事の後などの排泄をよくする時にケージに入れて様子をみてみましょう。

当然、初めのうちは失敗もします。でも犬にとってはそれがなぜいけないことなのかはわからないのです。

最初から失敗を叱らずに、出来た時に褒めてあげます。
飼い主(リーダー)に褒められることで、嬉しいからまたここでしようと犬は学習するのです。

ただし、トイレトレーニングが完了してから失敗するようでしたら叱ります。大切なことは「現行犯」「短く叱る」ということです。
時間が経過してからでは理解できませんし、強く叱りすぎると逆効果になる場合があります。

失敗しておしっこしてしまった場所は、消臭剤等を使用してきれいにしておきましょう。ニオイの元をしっかりなくしてしまうことが大事です。

犬のむだぼえを治すしつけ方

犬のむだぼえは困ったものですね。

戸外の物音にほえ続けたり、来客に向かってほえるなどの困った犬のむだぼえは、すぐにやめさせなければいけません。

「やめ」の声符ですぐにむだぼえをやめさせようとしつけないで
むだぼえをしている時、鋭い口調で「やめ」と言います。

それでもやめないときには、「いけない」と鋭く叱ります。
それでもなお聞かないようなら、「いけない」と言うのと同時に
平手で体を打ち、犬の目をじっとにらみます。

飼い主が真剣になっていることを犬は見抜きますので、飼い主が威厳を持って接することと、吠えるのをやめたら、一転優しく誉めます。

何回も同じことを繰り返していると、必ず吠えなくなる時があるので、その時はすかさずちょっとオーバー気味に誉めてあげます。

吠えれば叱られ、吠えなければ誉められるということを学習していくのです。

犬の散歩のしつけ方

散歩の際に、犬が飼い主よりも先を歩いたり、足元に絡んでくるようでは困ります。

飼い主の歩調に合わせるしつけ方を覚えます。

声符は「つけ」「後へ」「Heel」などです。

犬と外へ出て、犬が先に進み、ぐんぐん引くときには、紐を一瞬緩めます。
その後、瞬間的にグイっと引いて首にショックを与えます。

瞬間的に引いて、犬が不快に思うと同時に「引くな」と言います。
続きはこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。